仕様
送信範囲
KEM-TRX7-CW 7.000~7.200MHz
送信範囲
KEM-TRX10-CW 10.100~10.150MHz
受信範囲 送信範囲以外の受信もできますが、入力のバンドパスフィルタの制約を受けます。
電波形式 送信 CW
受信 CW
送信出力 1W (電源12V時)
0.4W (電源6V時)
リニア(KEM-LINEAR-HF)を接続すれば、約10Wでます。
フィルタ帯域 約400Hz
スプリアス 基本波に対して約-50dB減衰しています。 (1W出力時)
DDS-VFO ステップ   10Hz~5KHzの範囲で10Hz単位で設定できます。
エンコーダ 付属しています。 (エンコーダは秋月の24ステップです)
面実装のDDS-IC(AD9834)は実装済みです。
DDS-VFOはマルチバンドに対応しています。(基板は単一バンド専用です)
RIT ±9990Hz 10Hz単位
エレキー 内蔵  (縦ぶれキーも使用できます)
ブレークイン フルブレークインとセミブレークインの切替ができます。
セミブレークインのディレー時間は0~1秒の範囲で10mS単位に変更できます。
EEPROM EEPROMに現在のデータを保存するため、終了時の状態から再開できます。
サイドトーン 600Hz 
受信中に受信音とミキサした、サイドトーンを鳴らすことも可能です。
サイドトーンボリュームあります。
Sメータ あり
IF周波数の調整 IF周波数を、4MHzを中心に±9990Hzずらすことができます。
これは、クリスタルフィルタのばらつきに対応するための機能です。
電源電圧 6V~12V  
リセッタブルヒューズと逆接続防止ダイオードが入ってます。
6.5V以下では、音声が小さくなり、スピーカでは聞きにくくなる場合があります。
その場合は、ヘッドフォンを使ってください。
消費電流 受信時 音出力最小   約80mA
受信時 音出力最大   約200mA
送信時 電源12V     約500mA
基板サイズ 100mm × 80mm (ただしLCDは含みません)