IC-705

2022年6月14日 (火)

IC-705から連動する電源の取り出し。

IC-705に連動して電源を供給したい。

改造は、いつもの癖で壊して和歌山行きになってしまう。

そこでMICジャックに3Vが来ているのでそれを使った。

ただ容量が少なくリレーは使えない。

手持ちの物で使えたのが1つ余っていた。フォトMOSリレー。

何とかマイクの3Vで動作した。1A程度なら流せそう。

背面に取り付けた空冷ファンの電源用に使ってみる。

基盤は使わずに手抜きで空中配線。

動作確認用のLEDも取り付け。

705_20220614233801

705_20220615072301

 

ケース左側の2.1mmDCジャックより入力した電源をマイクの3V電源でリレーをスイッチして出力。

microSDカードにみみを取り付けて抜き取りしやすくしてみた。

こんな手間かけて作る必要はないと思っている。最初からDC電源をファンに繋げればいいだけなんだけど、

|

ATUへのキャリア送信を簡単に!(IC-705は、、、)

ICOMのリグでAH-4のチューニングをする場合は、単純に接続してTUNEを押すだけ。

最近になりMFJのATUがお蔵入りになっていて使わなければ経年劣化で使えなくなると思い再使用を決めた。

以前は、リグのATUコネクタに自作のコネクタを接続しリグのTUNEボタンでキャリアを出していた。

欠点はコネクタに内蔵した簡単な回路と電解コンデンサの容量で送出時間が固定なこと。

 

ネットで新たな方法を発見。

リグのATUコネクタから簡単な回路とそこから取り出した配線にスイッチを付けそれを押している間だけキャリアが出る。

しかも、全て手持ちの部品だけで出来る簡単な構造。

早速作ってみた。

 

1,IC-705用

705_20220614221201

右側面TUNEに接続。

705_20220614221701

2,その後にIC-7610等の4ピン用を用意。

Icxxxah4

3,そして、IC-705を購入した時に作ったAH-4接続コード。

705ah4

作ってから気が付いたのがIC-705用は、2+3のコードで代用できるってこと。

そして動作確認、IC-705、IC-7610ともにボタンを押している間だけキャリアが出る。

ただ。残念なのがIC-705。

SWRが悪いと1W程度しか出ない。ダミーだと10W。

Photo_20220614223401

急いで「瞬間ダミーロード」を用意。

47Ωだと10W

100Ωで10W

150Ωで4.5W

470Ωで1W少々

ということでIC-705、10W機でMFJのTUNEは無理らしい。

ファイナルの負荷を考えたのか?10WのAH-4対応機はどうなっているんだろう?

AH-4自体は2W位でTUNEとれるから問題ないのかも。

IC-7610でTUNEしてアンテナを切り替えるしかないのかな?

無理せず、IC-705はAH-4を使うってことで決まりです。

 

 

 

|

2020年10月19日 (月)

IC-705用の純正スタンド(MBF-705)を加工

IC-705用の純正スタンド(MBF-705)が届いた。ネジ止めで取り付けてしまうと純正リュックに固定できない。

1 リュックとIC-705を固定するために純正スタンドを穴開け。

2 スタンドの裏側の構造が邪魔してネジが届かないので削った。

以上でスタンドを脱着せずに純正リュックに脱着が可能になった。

 

705 705_20201019080901

|

2020年9月 6日 (日)

IC-705の受信改造とコンバータの併用 その3

大進無線 のDRF-UHF AIR-BNCPというバンドパスフィルターをアンテナ直下に挿入して試してみた。

バンドスキャンではFM放送波で引っかかるものの、百里基地のメモリーチャンネルをスキャンするぶんには十分使えるようだ。

IC-705の受信改造も完了したので近いうちに基地に出向いて試してみたい。

Ic705_20200906120601 Drfuhf-airbncp

 

|

2020年9月 2日 (水)

IC-705の受信改造とコンバータの併用 その2

実際にコンバータ を使って受信したところFM放送波帯でFM波が強力で使えないことが分かった。

アンテナ直下にFM放送波を通さないフィルターを入れても困難と思う。

226-250MHz(FM放送波で76-100MHz)あたりは、かぶらないようスキップ設定をするかスキャン自体もあきらめるかかな。

残念、、、

 

 

 

|

2020年9月 1日 (火)

IC-705の受信改造とコンバータの併用

IC-705を受信改造をすると、

1 30KHz-146MHzMHz→30KHz-199.99MHz

2 430MHz-440MHz→400-470MHz

 に拡張されるらしい。

 

HFコンバータ(150MHz版)を使用すると

1 150.030MHz-349.99MHz(ダウンコンバート)→UHFエアバンドに最適か?

2 250MHz-320MHz(アップコンバート)

  550MHz-620MHz(ダウンコンバート)

HFコンバータ(100MHz版)を使用すると

1 100.030MHz-299.99MHz(ダウンコンバート)

2 300MHz-370MHz(アップコンバート)

  500MHz-570MHz(ダウンコンバート)

 

ということで受信改造をすることにした。

実機での使用勝手はどうか楽しみになってきた。

 

150mhz2

 

 

 

|

2020年8月30日 (日)

IC-705でUHF エアバンドを受信する。

エアバンドの受信は、出先ではIC-R6が小さくて携帯には便利だが操作性は慣れないと戸惑ってしまう。

IC-705の操作は直感的にできるので出先のエアバンド受信に重宝している。

欲が出るのがUHFエアバンドの受信。しかし残念ながら対応していない。

そこで、以前作成しお蔵入りになっていたコンバータ に白羽の矢が!

本来は、HFをVHFに変換して使う物だが逆にUHFをVHFに変換して聞いてみようとひらめいた。

所有しているのは100MHzのコンバータだが、当時作成したときに150MHzの発信器も別途用意してあったので(150MHzの発信器は赤いLEDの左側の銀色の部品)に交換して150MHzのコンバータにしてみた。

UHFエアバンドの周波数は調べてみると、222-253.8MHz、275-322MHz。

150MHzを差し引くと72-103.8MHz、125-172MHzが受信できれば良いと言うことになる。

残念ながら、IC-705では146超-172MHzが受信できないので、実際の周波数の296-322MHzが受信不可となる。

仕方が無いのでIC-705の受信改造方法がどこかで公開されるまでは我慢してみようと思う。

 

150mhz

コンバータを接続するUHFエアバンドではANTをIC-705に直づけ出来ないのでLC-192(専用リュック)へのANTマウントを某ANTメーカーの製品を参考に作ってみた。単純な構造ながらクリップの材質の堅さやスプリング等の抵抗を受け思ったより苦戦して完成。

耐久性や信頼性を考えるとメーカー製が良いかも?ボンビー無線家の自己満足かな。

Photo_20200831190001 3

 

 

 

|

2020年8月 6日 (木)

IC-705に垂直固定のBNCコネクタを取り付け。

Ic705bnc

Ic705bnc2

月間FBニュース の記事を参考にBNCの垂直固定をしてみた。

違う点はボールチェーンだと、ちょうど良いテンションで張れないのでタイラップを使用したこと。

 

|

2020年7月23日 (木)

IC-705+リュックと共に、おせんべい+ランタンが届いた。

Ic705

これで結構遊べそう。

|

その他のカテゴリー

(tr)USDX 13TR-FT8 3-500Z 599 6146B 7MHz送信機QP-7C 829B A1 club キット ADX-S AH-4 ALTOIDSの缶 APRS BELCOM LA-106 BK-100 CA3028 レトロDC受信機 Collins COLLINS 618M-2B COUGAR113ジャイロANT CQ ham radio(アマチュア無線専門誌) CS40 SSB TRX CVCC電源 CWアダプタ CWインベーター CWエイリアン CWチューニングインジケータ D4Dデジタルトランシーバ DRF-UHF AIR-BNCP DVB-T+DAB+FM(R820T) EHHW/DP Mini Wire Antenna ELECRAFT flightrader24PREMIUM FRISKの缶 FT-60 FT-817 GHD GD133光センサー GHD GF601A GHD GK509A GHD GN907A-P good TP-100 GridTracker HFコンバータ/RTLSDR HI-MOUND BK-200 Honda Jet World Tour 岡山 2015 Hulu IC-705 IC-706MK2G IC-7300 IC-7610 IC-970 IC-PW1 IC-R6 ICF-5900 ICF-EX5 ICF-SW55 IGUCHANキーヤー JARLの資格別門標 JARL奈良県支部のキット JH4VAJ頒布品 JP60 JARL QRP CLUBキット JRC JST245 JRC ST-3 (ヘッドホン) JT65 JTDX K3NG Keyer CWA KEM-AF-DSP KEM-AIR-RX KEM-CNT-Mark3 KEM-LINEAR-HF KEM-TRX-4B KEM-TRX7-CW MFJ MIZUHO MX-7S MK-702 MK701 MS-2 NADC-40 W/Digital Dial_ National RF-2200 Oak Hills Research OHR100A_ ORR-8B-Y 受信機 Phaser PICKIT2 Pocke KeyeⅡ QRP Raspberry Pi RFワールド RHM8B 7-50MHzハンディアンテナ Rock Mite 40(7015KHz仕様) SDR TOUCH For andoroid SEIKO 船舶用 沈黙の時計 TGS-40C 7MHz CW TRX TR-1300 TRIO 820ライン & Glass radios TRIO TS-700S TRIO TV-502 TRIO TV-506 TRIO VFO-40 TS-600 TTCW03 – モールス練習機 USBIF4CW UTCの電波時計 UX-R96 (IC-970ゼネカバユニット) VIBROPLEX VN-L5 Mark2 VX-8 X-LOCK VFO Stabiliser 「CQ ham radio」オリジナル電鍵のPegasus(ペガサス) ゆうちょ アジア通信工業 R-535 アマチュア無線 アマチュア無線 CW(モールス)  アンテナアナライザー エアレース幕張 クリエート グルメ・クッキング コリンズ (collins)R-390 コリンズ (collins)R-390A ナショナル RJX-601 ニューヨーク ハイモンド FK-3 パソコン・インターネット ホンダN-VAN マツダロードスター ミズホ P-7 (P-7DX プロトタイプ) ミズホ P-7DX P21DX DC-7X ミズホ DC 701 ラジオの製作 ラジオライフ 交換室 売ります 買います 健康 内外電機製作所のnag-144XL 内外電機製作所のnag-50XL 北海道&東日本パス 周波数カウンタ 和文 小笠原DXペディション 携帯・デジカメ 新スプリアス認証取得 旅行・地域 映画 TV 書籍・雑誌 東京ハイパワー 格安周波数カウンタ Gy560 無線従事者資格 秋月電子通商 育児 航空祭 総合火力演習 複式1号機 金環日食 鉄道 電子工作 電子申請 電波利用 電子申請 電子証明書方式 電鍵用ダストカバー 音楽 飛行機 高精度10MHz基準信号発振器 CW符号ネバリ防止装置