« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月24日 (木)

ダイソーの100円キッチンタイマー

STAND BY から ONやAGCにスイッチする時に待ち切れずに、充分に予熱がかかっていないうちにしてしまう。

色々、自動化も考えたが単純にキッチンタイマーを使うことにした。

Timer

LEDを組み込んでみた。

|

2014年4月17日 (木)

R-390 V509(6BJ6)の交換と12BY7Aで3TF7を代替

V509(6BJ6)の各ピンの電圧を確認し交換した。AGCも動作するようになった。

6bj6


R-390も3TF7を12BY7Aで代替した。

R39012by7a2

やっと、定位置に収まった。

51s1390390a

空中線共用器 入力 1 出力 3 電源 DC24V アンプ内蔵
Hmat3

|

真空管のソケットアダプターを作ってみた。

R-390に真空管を搭載状態で各ピンの電圧測定を出来るようにソケットアダプターを作ってみた。

きれいに出来なかったのが残念。

Photo


|

2014年4月15日 (火)

修理の終わったR-390を調整中

修理が終わってきたので細かな調整をして故障前の状態に近づいた。

今日はここまでと思い電源を落としてIFサブシャーシを見るとV509が破損していた。

AGCが効かず受信音が歪む症状が出たのは、修理の直後には無かったと思う。

R390v509


|

2014年4月13日 (日)

R-390(A)用、3TF7(バラスト管)を代替品に換えてみる。

3TF7(バラスト管)は以前と比べ価格は下がったが買う気になるほど安くない。

3TF7の2番と7番をジャンプして12BA6 x 2 という方法もあるが12BA6を新規取得するのも高価だ。

そこで12BY7Aを使うことにした。手持ち在庫も多く有効活用できる。

見栄えは悪いが、これで3TF7を温存できる。

3tf712by7a4


|

2014年4月10日 (木)

R-390 修理は諦めプロに依頼した。

R-390の修理は泥沼化し断念。プロに任せた。その方のブログで経過を見られる。テレビ修理ー頑固親父の修理日記-R-390編

Image_2


|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »