« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月19日 (日)

ALTOIDSの缶でCVCC電源

ALTOIDSの缶でCVCC電源を作ってみた。完成基板なので缶に入れただけ( ^ω^ )

基板が小さいので缶に半田付けで固定するのは簡単だった。

Altoidscvcc3


Altoidscvcc2

Altoidscvcc4


Image


|

2013年5月13日 (月)

Oak Hills Research OHR100A を買ってみた。

Hendricks QRP Kits の NADC-40 W/Digital Dialが期待以上に良い品物だったので、さらに期待を込めてOak Hills Research OHR100A を買ってみた。

追加のオプションは10回転VRセットと予備の部品としてSA602ANを1個購入。

月曜日の夜頼んで日曜日の朝には届いた。早くて感動。10日間は必要と思っていたが1週間を切った。さらに某社と違いすべてがリアルタイムだった。注文の翌朝にはトラッキングナンバーがメールされて安心して到着を待てた。3週間経つが某社は欠品部品について連絡も発送も未対応。

開梱及び部品の仕分けの実施

1  パーツごとに袋詰めされており仕分けは楽だったし、IC等はスポンジに刺さっていて(当たり前!でも某社は?)足が折れていることもなかった。

2  余分パーツは有ったが、不足パーツは470Ω1本だけだった。私のパーツ箱に在庫が有り問題なし。

3  すべてがNADC-40に比べて丁寧に梱包されていてケースの仕上げやレタリングも完ぺき。

4  説明書も丁寧でElecraftやWilderness Radio SIERRAのように親切なもの。

5  部品の仕分け段階から、あの良くできたNADC-40を明らかに超える性能を予感する!

6  セラミックコンデンサの部品の表記とパーツリストの表記の違いが何箇所かあったが慣れている人なら問題なし。

今週は忙しいので、はやる手を押さえて、さらに部品の良否も確認してから製作したい。

Ohr100a


Ohr100a_2


Ohr100a_3


|

2013年5月 5日 (日)

Hendricks QRP Kits の NADC-40 W/Digital Dial の間違い

回路図と部品リストとの違い

C25 回路図 0.1μF 部品リストだと0.001μF (回路図を優先して取り付けた。)

C43 回路図 330pF 部品リストだと0.001μF (取付済みなので0.001μFのまま。)

R31 回路図 470Ω 部品リストだと3.9μH (470Ωを取り付け。)
(Parts layout diagramの中段に、ただし書きがある)

回路図の間違い
C42が2つある。1つはC48だと思う。

まだ、見落としがあるかもしれない。

Hendricks QRP Kitsの対応
1 発売されて2年以上経過していて、説明書関係が直されていないのは理解できない。
2 注文後に確認のメールも来ないので納期の問い合わせをしたが返事がなかった。
(商品は注文から17日後に突然のようにポストに入っていたので安心した。)
3 欠品の連絡をして現在で2週間経つが連絡がない。

以上の問題点があるが、自分で部品を調達したり諸々のことを考えると基本性能が高く良いキットだと思う。部品の有無の確認と仕分けの他に回路図との違いのチェックは1から作ることを考えたら比較にならない程、簡単なことだと思う。


|

2013年5月 3日 (金)

Hendricks QRP Kits の NADC-40 W/Digital Dial が完成

完成した。

10Wリニアも接続出来るように送信時に8VをRF出力に重畳させた。PTTのコントロールに配線が不要でフルブレークインが可能になった。

このキットで一番の性能はAFアンプのノイズが全くないこと。SW入れてAFゲインを最大にしても『サー』という音さえ聞こえない。どこかの接続を忘れたと思った程だ。音もきれいだ。QRHも気にならない。BFOの調整もキッチリと出来て送受信で600Hzシフトする。

ただ、スピーカーを内蔵したがアンプのゲインが足りず秋月のアンプを追加した。
このアンプは『サー』が出るのでスピーカー専用としてゲインを最低に設定した。
この状態ではスピーカーから『サー』の音は気にならない。

この値段で、この性能は十分満足だ。あとは、RITのキャンセルSWを付けたいなと思う。

|

Hendricks QRP Kits の NADC-40 W/Digital Dial の製作を開始 失敗編

NADC-40のチューニングダイアルに減速機構を付けようと小型のバーニャダイアルを探していた。

丁度良い小型のものを秋月で見つけたので購入した。

失敗だった。

多回転型のポテンションメーター用で減速ではなく回転数のカウンタ付きダイアルだった。

6mmに合わせるためにポリバリコンの延長シャフトも6mmを用意したのに残念

無理やり何かに使うしかない。

NADC-40のチューニングダイアルの、つまみはあり合わせの大き目の物に変更した。

Photo


Nadc40_2


|

Hendricks QRP Kits の NADC-40 W/Digital Dial の製作を開始 その6

内蔵スピーカー用のアンプを付けた。

Nadc40spamp1


Nadc40sp


|

Hendricks QRP Kits の NADC-40 W/Digital Dial の製作を開始 その5

動作は送受信問題なし。

最後の調整中。

さすがにキットだ。一発で動作した。ケーシングも塗装だけで良いし。

Nadc40


|

2013年5月 1日 (水)

Hendricks QRP Kits の NADC-40 W/Digital Dial の製作を開始 その4

ネームランドで作ったデカールを貼ってみた。

Nadc40logo3_2


Nadc40logo2_2


|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »