« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

KEM-CNT-Mark3、KEM-AF-DSP-FILの手直しとUSBIF4CWの更新

KEM-CNT-Mark3のLCD左側に2色LEDを付けてみた。

7MHz以下になると緑が点灯。

Kemcntledg

7.03MHz以上になると赤が点灯するようにした。

(後日、7MHz以下になると赤、7.03MHz以上になると緑が点灯するように変更した。)

Kemcntledr

KEM-AF-DSP-FILには電源をOFFにするのを忘れてしまうので、電源ON時に赤のLEDが点灯するようにした。

Kemcntled

USBIF4CWのバージョンをVer2.3から2.4へ更新した。

Usbif4cw24


|

2013年1月27日 (日)

P-7DXの2号機にカウンタとDSPを接続

P-7DXには2重にバーニャダイアル機構が組み込まれサブダイヤルの赤い針が何回転もする為、周波数を直読出来なかった。

さらにCWフィルタも内蔵されていない。

そこでカウンタ(KEM-CNT-Mark3)とAF-DSP(KEM-AF-DSP)を用意した。

P7dxkemcnt


|

貴田電子設計のKEM-CNT-Mark3を製作した。

KEM-AF-DSPと同じTAKACHI(タカチ)のケースYM-100を使い製作した。LCDをわずかに傾斜させて取り付けて見やすい配置になった。

Kemcntm32

Kem_2


|

貴田電子設計のKEM-AF-DSPを製作した。

選択度を変更するのに付属のDIP SWでは不便なのでロータリーDIP SWに換えて製作してみた。

Kemafdsp


Kemafdsp2


|

2013年1月19日 (土)

CW符号ネバリ防止装置2号機を作成

部品箱に前回作った時に余分調達した74HC14を含む部品(半固定VR以外)があったので、もう一台作ってみた。

2号機は電池でも使用可能。VRはつまみ付きの半固定タイプにした。

12


|

2013年1月13日 (日)

やはり効果は絶大だった。

昨日作ったGK509Aの外部SW BOXを使用して複式の練習をしたが、下手なこともあり綺麗な符号が出ずに粘ってしまう。

1年前に製作したネバリ防止装置を使うとびっくりするくらい歯切れの良い綺麗な符号になる。


|

GHD GK509A 外部 SW BOX の製作

GHD GK509Aはエレキーとエレバグ、ストレートキーを本体の右SWでワンタッチで切り替えることが出来る。

いつものパドルで複式操作をしてみたくなったが、ワンタッチでは困難。

GHD GK509Aの場合はパドルの左右をステレオプラグのセンターに接続しステレオプラグの先端は解放する。

この操作はSWに任せるのが簡単だ。

そこで外部SW BOXを製作して複式モードに切り替えられるようにしてみた。

エレキーとエレバグは本体SWで切り替え。

エレバグと複式は本体SWでエレバグ+外部SWで切り替え。

安価な製作だったが意外と遊べる!

Gk509asw

Gk509asw2


|

2013年1月11日 (金)

MIZUHO(ミズホ) P-7DXの2号機を整備開始

まずは掃除&掃除+レタリングの貼り付け。メーター盤にはTS-520のコピーを取り付けた。

メインダイアルはP-7DXのバーニアダイアルに加えて2重にバーニアを装備されているのでcollins KWM-2のようにバントが広々と感じるしチューニングもしやすい。

7から7.03MHzの30KHzの幅をグルグルとロック無しで回るので針が下に行っても見えるようにバーニアのカバーを外した。

スピーカーは小型だがとても良い音。当分これで遊べそうだ。

P7dx21


|

2013年1月 6日 (日)

MIZUHO DC-7X にメーター照明を付けた。

DC-7XとP-21DXにメーター照明を付けた。Dc7x103

1357475223978.jpg

|

2013年1月 4日 (金)

MIZUHO DC-7X CWシフトの調整

CWの送受信シフトが何故か出来ずに同じ周波数での運用になってしまう。シフトしないからコールしても相手の聞いていないところに送信してしまうので本来の使い方ではないがRITでずらして運用していた。

この方法だとRIT本来の機能が使えないばかりかシフトの幅が不正確で少しいじっただけで大きく変化して使い物にならない。

取り説にもシフトの調整については記載がないので固定なのだろう。各部品も経年の変化で定数が変わっているだろうが、どれをどれだけの値のものに交換すれば良いのかさっぱり分からなかった。

あきらめて受信周波数をシフトする為にRIT回路の手前に5KΩの半固定VRを空中配線した。これで思ったシフト幅に設定出来るようになった。

感度が良くなったり悪くなったりしたのでリレーをエレクトリッククリーナーで洗浄したら元気に復活した。たまには使わないと愚れちゃいますね!

Dc7x101


Dc7x102


|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »