« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

「神風」という名字が有るとは、しかも

今朝のF35の記事を読んでびっくり。

「神風」という名字が有ることを初めて知ったがその名字の方はなんと防衛政務官の方のものだった。

|

2012年5月29日 (火)

TRIO TV-506 トランスバータを修理した。

以前、手に入れたTV-506をついに修理した。

温まるまで送信出力が半分くらいしか出ない。

HET ユニットの2SC460Bを2SC460CTZに交換。

最初から10W出るようになった。

2SC460Bの足がプリント基板に折り曲げてはんだ付けされていて取り外しに手間取った。

素早く作業しないとプリントされた銅箔が剥がれるので注意が必要。

他のトリオ製は曲げずにはんだ付けされていることが多かったようだがTV-506はミリタリースペックのコリンズのカラゲ配線のように修理の作業性よりも丈夫さを重視したのだろうか、それとも生産の作業性を重視したのか?


もう一つは経年の使用で接触不良のある接続ケーブル。

もう一度、分解してガッチリと半田で修正して完了。

Tv5062


Tv5061


|

2012年5月27日 (日)

邪道だがTR-1300にBNCを付けた。

オリジナルに、こだわるならBNCなんて付けないだろうがタマタマ目に止まったBNCを勢いで取りつけてしまった。

  (BNCを取り付けるにはリーマ等で1mm程度穴を広げる必要があるのでご注意ください。)

VFO-40との接続ケーブルも出来たのでTR-1300、VFO-40のラインが完成。

VFO-40のダイアル照明はTR-1300のメインつまみを「VFO」にしないと点灯しない。

外部VFOを付けたコリンズのKWM-2みたいだ。

VFO-40接続時でもVFOの設定周波数をCHN.Sスイッチで水晶と同じ15KHz位の範囲をサーチ出来て、その間をVXOでカバーします。なんか不思議!


Tr1300bnc


Tr1300vfo40


|

2012年5月21日 (月)

金環日食

黒い紙にパンチで穴を開け通り抜けた光を撮影した。

Photo


Photo_2


|

2012年5月12日 (土)

TRIO VFO-40 メインダイアルシャフト付け根のブレを直す。

メインダイアルのシャフトが、ガタガタ、ブレブレ

なので分解した。

Vfo401

Vfo402


TS-700G2の部品と交換を試みたところ微妙に違うので断念しシャフトの付け根を瞬間接着剤で固定。

ついでにVFOユニット内の2SC460Bを2SC460CTZに交換。

直った。

小径のメイン同調つまみをVFO-40はプラスチックなのでTS-700G2のものを流用した。

明日は母の日なので埼玉と千葉に遠征。接続ケーブルの作成は次回。

Vfo405

|

2012年5月 3日 (木)

TRIO TS-700S センターメーターのSW不良を荒療治。

センターメーターSWの裏側へのアクセスが悪くバラバラに分解するのも面倒なのでフロントパネルからエレクトロニッククリーナを直接噴射した。

期待通りにSWが復活。部品取り用に手に入れた3台目だが、もったいなくて修理してしまった。
麦球5個交換、カウンターユニットが表示不良の為にTRを交換。これから掃除と磨き&塗装。
そこまでやるかな?

Ts700s_sw


|

2012年5月 2日 (水)

nag-144XL の不具合

1 送信になったままになったり、送受を繰り返すチャタリングになったり、直ったりする。 
  対策 背面のDELAY ADJのVRをエレクトロニッククリーナで洗浄。

2 内臓SWR計のSET VRが不安定。
  対策 エレクトロニッククリーナで洗浄。

3 念のためBIAS ADJ VR をエレクトロニッククリーナで洗浄。

以上の対策で嘘のように調子が良くなった。

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »