« R-820 のサービスマニュアルが手に入った。 | トップページ | ゆうちょはぴったり正確だった。 »

2012年4月 1日 (日)

TS-700S 2号機を修理。

今日も家庭の予定があるので5時起きで作業を開始。

今度のTS-700Sもジャンク。

webでも多数報告されている通りVFOを回すとカウンタが点滅する。

矢印の個所をエレクトロニッククリーナーをひと吹きしVFOを何往復か回して問題なく動作。MODE SW も接触に不安があるのでエレクトロニッククリーナーで処理。

Ts700s_2_0041

さらに HET UNIT の2SC460B も2本交換。

ついでにVFO UNIT の2SC460B を2本交換。

Ts700s_2_005

動作確認中にメインダイアル2個、メータ1個、バンド1個の麦球が点灯しなくなった。

やはり、あせらずにスライダックでゆっくり目を覚ませてあげれば良かったか?

良く考えるとショートさせたかも?

FIXの麦球は元々切れていたので全部で5個を交換。

フロントのパネルを止めている左右の上下の皿ねじの下に形状の違うねじが有る。

当初は何の目的で付いているかわからなかったが、皿ねじ4本を外すとこのねじがヒンジの役目をする。

そうすると、このようにフロントパネルが作業しやすいように展開する。


Ts700s_2_006

また、動作確認中にVOXのSWを入れるだけで送信になってしまう不具合が発生。

1号機同様にCAR VOX UNITのQ8を2SA1015に交換して解消。

あとは各部の調整をするだけ。

Ts700s_2_007


|

« R-820 のサービスマニュアルが手に入った。 | トップページ | ゆうちょはぴったり正確だった。 »

TRIO TS-700S」カテゴリの記事