« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

FT-401 に心を込める。

401のアルミサッシ(フロントパネルの外枠)を歯ブラシと歯磨き粉で掃除した。

元々、汚れていないと思っていたが、やって見ると凄く綺麗になった。
しかも、質感が驚くほど向上した。プラスチックや塗装された部品で出来た最近のものではありえない質感。

あの、ざらざらと言うよりさらさらか、そんな肌触りの表面が40年弱前の新品時の様に蘇る。

果たして、新品を購入した人が、この様に何十年も後に磨き、整備をして当時のまま使われるなんて想像していただろうか。もう少し手を入れれば、ほぼ当時と同じまではいかないが満足のいく状態になりそうだ。

初日は徹夜だった。
埃が基板上に堆積しこびりつき掃除機+ブラシがけ。これは本当に難儀した。
何とか、埃が取れても満足できなかったので、気持ちを抑えられなくなった。
禁断の洗浄である。
水洗いは経験が無いし危険だ。

クレのエレクトロなんとかというスプレーを使った。1缶千円の高価なものである。
気付いた時には基板が垂直になるよう本体を立てかけ、思いっきり吹きかけていた。
本体の下は流れ落ちた液体でびしょびしょになった。

後は、乾燥を待つ間に綿棒で細部の汚れを丁寧に除去。

真空管と真空管のシールドも1本づつ取り外し、拭き掃除とピカールで磨く。

その後、揮発性が高いので、見た目は乾燥したようである。

次の瞬間、本能的に恐ろしいことをしてしまった。
無意識に電源を入れてしまった。その前にコンセントに接続していたので2重にオキテを破った。

気付いた時には、ジンワリと全ての真空管にヒータがともった。

問題が無かったので、良かったが、最悪お釈迦にするところだった。
何でそんなのとしたのか、今でも理解できない。

2日目はフロントパネル、つまみ関係を念入りに掃除。各VRのガリの修理(って程でもないか)。

そして本日、アルミサッシの掃除と筐体全体の掃除。

お金に換算したら、大金だ。TMTのレストア商品は高いが、金額に換算すると仕方が無いんだろう。
お金も無いけど、時間も無いので少しずつ進めたいなと思う。


|

2010年3月27日 (土)

YAESUのFT-401のSメーター

Ft401_001


YAESUの昭和46年製?

Sメーターが普通と逆に振れます。(ALCも同様)
RFとIPは通常通りです。

VFOダイヤルも右に回すとFが下がるタイプです。

重量があり筐体も大きいので存在感があります。


Ft401


|

2010年3月14日 (日)

TS-820 修理したら、また修理 楽しんでやってます。

CWで送受信時に800Hzシフトしないのでキャリアユニットを修理。
今まではRITを使い意識的に800Hzずらして運用していた。

調整が終わりホッとしたのも束の間、送信不可になった。

送信に切り替えてもIPのアイドリングが流れない。

やっと分かったのが、リレーユニットの接続コネクタの中の金属が金属疲労で破損していた。
目に見えないから、探すのに苦労した。この場所は直接触っていないんだけど。

アイドリングは正常になったが、まだ送信不可。

今度は、さっきまで赤かったドライブ管の12BY7Aが赤くない。これもコネクタの接触不良だった。

文章に書くと、これだけだけど、結構時間がかかった。

和歌山のOMさんに聞いたら、コネクタの破損は、あるそうだ。古いからね!
ただ、私なんかの素人でも、いじれるのはこの時代のリグのいいところ。
虫眼鏡は、いらないからね。まぁ楽しんで、使っていこうと思います。

写真はコネクターの破損した部分と修理中の物です。別のコネクタ部分に未使用の端子が刺さっていたので、それを利用できました。まぁラッキーでした。

電源部の大型電解コンデンサ(500V 100μF)も最近になり急に容量が抜けたようなので、次回交換かな。

Img_5100Img_5102

|

2010年3月12日 (金)

株式会社 清水電子研究所

高校生の頃、株式会社 清水電子研究所の「X-260K」というトランスバータをTS-520に接続し6mと2mにもQRVしていた。

先日、ヤフオクで「SS-105S」という清水電子研究所のジャンク品(外見は美品?)が出品されていた。

すごく、欲しかったが、もっと欲しい人がたくさんいたようだ。落札できず (つд⊂)エーン

たまたま、HAM Journal誌の103号を見ていたら高木誠利(JJ1GRK)氏のHFトランシーバ 100%活用ガイドという記事を発見。結構細かく解説がされていた。やっぱり落札したかったなぁ!でも、高かったなあ!

完動品なら奮発したんだけだなぁ。でも、完動品なら一体いくらになっていたんだろ。

修理技術のある人が、羨ましいな。

Ss105_001


Ss105_002

|

2010年3月10日 (水)

優良な電源 P-7DX P-21DX に最適 SHARPのEA-150

あるOMさんにいただいたものです。

ノイズが全くありません。

私のコードレスホンの充電用アダプターとは比較になりません。

この大きさで、9V 500mA なのでノイズ対策をしているのでしょう。

P7dx_p21dx_002


|

2010年3月 8日 (月)

TRIO R-820 メータ盤のレストアが完了

富山のTMTサービスからメータ盤が戻ってきた。

上の2枚がレストア後

下の2枚がレストア前

違いが、わかりますか?

写真の違いよりも実物は明確に違います。

1000円のレストア とっても満足です。

どんな方法で色を付けたのか? 全く違和感がありません。

MNI TNX


R820_001


R820_002

R820_003


R820_001_2

|

2010年3月 6日 (土)

MIZUHO P-7DX P-21DX

P-7DXには、TS-820の修理の時に余った麦球を付けてみました。


P7dx_p21dx_001


P7dx_p21dx_002


|

TRIO TS-820 徹底解説集

820_line_002


820_line_003

欲しかったものが、手に入りました。

ご丁寧に、製本してから、送ってくれました。 ○○さん ありがとうございました。


|

2010年3月 4日 (木)

VX-8 → VX-8D 相当にアップグレード

本日、返ってきた。

VX-8D相当になった。

やっぱり、メモリは初期化されていた。

その上、想定通りにFTBVX8Jも通信不可のようだ。
英国でのVX-8DRの発売まで待たねばならない。

販売店に払った、往復の送料2000円+作業代5040円=7040円 の効果は?
今度の休みに検証します。


3月7日 0時1分
スケルチタイプをTSQに変更しようとしても、出来ない?なんで?

3月8日

BバンドのAPRSモデムをOFFにして解決しました。

Vx8d_001


|

2010年3月 3日 (水)

JRC 日本無線の ヘッドホン ST-3

NRD-545が生産中止になった時、あわてて545と一緒に購入したヘッドホンのST-3

どんなものか知らずに手に入れたものだ。

来たときは、「価格の割に安っぽいな」が印象だった。

使ってみると、見かけより軽くて疲れないし音も自然で聴きやすい良いヘッドホンでした。

ELECRAFTやSIERRAのQRPなTRXを使用するようになるとモノラルのヘッドホンを接続すると音が出ない設計のため使用してませんでした。(ステレオのように左右を別のアンプで増幅する方式なのでモノラルプラグを刺すと片側がショートする)


今日、時間があったのでステレオ→モノラルの変換(左右がショートしない)を作り、ST-3を使用できるようにしました。

やっぱり、日本を代表する通信機メーカーのヘッドホンだなと感心しました。何が良いって、特に無いんですよ。


言い方を変えるととにかく自然で、とんがっていないっていうか!それが良いかなって。

Jrc_st3_001

|

2010年3月 2日 (火)

TRIO R-820 のレストア

メーターの赤い部分が、色抜けしていたので富山の有名なレストア専門店 TMTサービスに文字盤を送りました。

TS-820と比較して色が薄いのが分かる。実際には、もっと気になる感じです。

R820_001


R820_002


R820_003


|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »