« 第18回おやまバルーンフェスタ | トップページ | 備忘録 APRS用の UIDIGI ROM を Leaper-3C( ROMライター)で焼く »

2009年11月29日 (日)

Mr.Marco Savegnago(IW3FQG)のUIDIGI 1.9BETA3のROM焼き

デジピーター、UIDIGI 1.9BETA3のROMを木幡さんのshopから購入し使っていた。

なんか、自分で焼いてみたくなり、いろいろ調べたら、焼いてもらった方が考えるまでも無く安いがチャレンジしてみることにした。

1 ROMとはUV-EPROM(27C256)というもので紫外線を使い消去出来る。
  ネットで調べると車のチューニングにも使われている。

2 27C256はもう生産されていないが秋月に売っていた。
  1個200円だが1レール13個入りで1個当たり150円。昔、CD-R焼きで何度も失敗したので1レール購入。
  ただ、13個もあっても使いきれないので依頼があれば原価で焼いてもいいかなって思う。

3 消去用にROMイレーサーが販売されているが、殺菌用の蛍光灯で自作している方が多い。
  紫外線で消去も今回初めて知った。こんな枯れた技術も知らないで通り過ぎていたようだ。
  それで、窓が付いていたようだ。
  スケルトンのはしりで中身を見せて楽しませていると思っていたのは、俺だけだった。

4 ROMライター(Leaper-3C)が用意出来たので、焼いてみたが予測通り何度かやり直し、やっと完成した。
  使い方を理解すると、便利なライターでスタンドアローンでROMのコピーも作れる。焼きこみにかかる時間もあっという間に終了。ただ、他に利用価値が少ないのが難点。PICも焼ければいいんだけど。

27c256_003


|

« 第18回おやまバルーンフェスタ | トップページ | 備忘録 APRS用の UIDIGI ROM を Leaper-3C( ROMライター)で焼く »

APRS」カテゴリの記事