« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

ELECRAFT KX1 の調整

本日は、やっと休みが取れたので苦手な英文の取説と格闘してELECRAFT KX1 のDDSとBFOの調整をしてみた。きっちり調整出来たようだ。表示周波数もピッチ(600Hz)もピッタリになった。

比べる対象にしては申し訳ないがKEM-TRX7-CWと比較すると操作性は雲泥の差でKX1が優れている!

KX1の受信音については期待していなかったが、素晴らしい。TRX7が酷いだけなんだけど!

KX1があれば大きくて重いリグは本当に不要かも?3Wあれば十分楽しめそう!受信感度もいいし!

本当に良いものを手に入れることが出来ました。

| | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

ELECRAFT KX1 思っていたより小さかった。

Kx1_002 eBayで落札したのが届いた。

思っていたより小さいが、操作性は良く考えられていて問題なし。中古なので自分としては手ごろだったかなと思う。

この1カ月は、弁当持参で資金を捻出したので、家内に買ってもらったようなものだ。

受信の音もノイズが少なく、K2やSIERRAのようにすばらしいリグです。

あとは、使いこなす時間が欲しいな。本心はEDCで購入、組み立てが希望であったが予算と時間で、また妥協してしまった。

本当のぜいたくは、じっくり時間をかけて組み立て、QRVする。

いつかは、そうしたいと思います。

| | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

KEM-TRX7-CW 本日は絶好調

今日は、TRX7特有のノイズもないし復調音も感度もマズマズ。機嫌が良いのか?

当分の間、使わずに置いておいたので熟成が進んだのかもしれない。

群馬、新潟のコンテストに少しだけ参加。

Trx7_002

| | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

福島県南会津郡下郷町にある宿場町の大内宿

0905_015 0905_033 0905_038 のんびりした雰囲気。行ってよかった。落ち着きました。ご存知の方も多いと思いますが、ここのおそばは、ねぎを箸代わりに食べます。意外と違和感がなく食べられました。薬味としてねぎをかじりますが、いい感じです。GWの最終日で空いていて、久々の休日を満喫しました。子どもたちが3人共に部活で夫婦2人で行ってきました。2人で出掛けたのは5年ぶりくらいです。

0905_026

| | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

Wilderness Radio SIERRA のQSK

Sierra_004 今日、近所のパーツ屋さんに行くことができたので、念願のコンデンサーを購入。

別にレアな商品というものではなく0.0033μFの物。

SIERRAのC18を0.01μFから定数変更してQSKのディレー時間を短縮するのが目的。

現状ではカタログ値で0.2秒なので単純に3分の1の容量の物に変更。

どの位、短縮したか数値化が難しいが、大雑把に20WPMの送信で1符号の中の1短点では受信に切り替わらなかったのが、切り替わるようになった。

以前は3短点位、間隔が開いても受信に切り替わらなかったのでDE コールサインを送信した場合、DとEの間では受信にならずEとコールサインの間は受信になる程度だったので、かなり満足な状態になった。

もう少し短くても良いかもしれないが、やりすぎも副作用が出る可能性があるので、これで様子を見ることにします。

正直なところ、このQSKのディレーが致命的と思っていたので、ホッとしました。また、SIERRAがメインのリグとなりそうです。欠点が無くなりました。

| | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

Wilderness Radio SIERRA の3.5MHzバンドモジュールの製作

これ1個、製作と調整をするのに2時間かかってしまった。英文の取説の理解に時間もかかった。学生の時の付けか?

EDCに製作を頼むと本体とは別に1バンドあたり3100円の組み立て工賃がかかるのが納得できる。慣れれば、もっと短時間で出来るとは思うが良心的な価格設定かなと思う。中古の並行物なので頼む訳には、いかないが!

難易度は高くないので、残りのバンドもコツコツやっていこうと思います。

Sierra_001 001

| | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

CQ ham radio 2009 5月号 モールス・トレーナーの製作

先日、頼んでおいた部品が届いたので製作してみました。以前、購入したヒートガンを使ってピンヘッダの接続部分を熱収縮チューブで処理しました。ちょっと、ひと手間かけると見た目がきれいに仕上がり満足です。

ロータリーコードSWはドライバーでの操作が必要です。シャフト付きのSWだったら、さらに便利かなと思います。

電源スイッチを切り忘れると永遠に動作してしまうので、本体に穴を開けて中のLEDの点灯を確認できるようにしてみました。

129 136

| | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »