2022年7月28日 (木)

JARLの門標板がきれいになっていた。

JF1DKB/千葉県市原市のシャック用に門標板を注文。

プレミアム会員用と思えるほどきれいになっていた。

知らなかっただけにうれしい。

Jarl

Photo_20220729074801

|

2022年6月22日 (水)

JTDXとGridTracker

JTDXで特定のリグ「IC-7610」の接続が出来なくなった。

ソフトを閉じようとすると以下の警告で再起動しないとダメ。

jtdx another instance may be running,try to remove stale lock file?」

試しに違うPCでは大丈夫。

omnirigで試したら接続できたのでもう一度JTDXの中で「IC-7610」を選んだら今度は接続できた。

何だったんだろう?

そこで一安心したのでJTDXとJTLinkerと連携させて「GridTraker」使ってみた。結構いい感じに楽しめる。

|

2022年6月14日 (火)

IC-705から連動する電源の取り出し。

IC-705に連動して電源を供給したい。

改造は、いつもの癖で壊して和歌山行きになってしまう。

そこでMICジャックに3Vが来ているのでそれを使った。

ただ容量が少なくリレーは使えない。

手持ちの物で使えたのが1つ余っていた。フォトMOSリレー。

何とかマイクの3Vで動作した。1A程度なら流せそう。

背面に取り付けた空冷ファンの電源用に使ってみる。

基盤は使わずに手抜きで空中配線。

動作確認用のLEDも取り付け。

705_20220614233801

705_20220615072301

 

ケース左側の2.1mmDCジャックより入力した電源をマイクの3V電源でリレーをスイッチして出力。

microSDカードにみみを取り付けて抜き取りしやすくしてみた。

こんな手間かけて作る必要はないと思っている。最初からDC電源をファンに繋げればいいだけなんだけど、

|

ATUへのキャリア送信を簡単に!(IC-705は、、、)

ICOMのリグでAH-4のチューニングをする場合は、単純に接続してTUNEを押すだけ。

最近になりMFJのATUがお蔵入りになっていて使わなければ経年劣化で使えなくなると思い再使用を決めた。

以前は、リグのATUコネクタに自作のコネクタを接続しリグのTUNEボタンでキャリアを出していた。

欠点はコネクタに内蔵した簡単な回路と電解コンデンサの容量で送出時間が固定なこと。

 

ネットで新たな方法を発見。

リグのATUコネクタから簡単な回路とそこから取り出した配線にスイッチを付けそれを押している間だけキャリアが出る。

しかも、全て手持ちの部品だけで出来る簡単な構造。

早速作ってみた。

 

1,IC-705用

705_20220614221201

右側面TUNEに接続。

705_20220614221701

2,その後にIC-7610等の4ピン用を用意。

Icxxxah4

3,そして、IC-705を購入した時に作ったAH-4接続コード。

705ah4

作ってから気が付いたのがIC-705用は、2+3のコードで代用できるってこと。

そして動作確認、IC-705、IC-7610ともにボタンを押している間だけキャリアが出る。

ただ。残念なのがIC-705。

SWRが悪いと1W程度しか出ない。ダミーだと10W。

Photo_20220614223401

急いで「瞬間ダミーロード」を用意。

47Ωだと10W

100Ωで10W

150Ωで4.5W

470Ωで1W少々

ということでIC-705、10W機でMFJのTUNEは無理らしい。

ファイナルの負荷を考えたのか?10WのAH-4対応機はどうなっているんだろう?

AH-4自体は2W位でTUNEとれるから問題ないのかも。

IC-7610でTUNEしてアンテナを切り替えるしかないのかな?

無理せず、IC-705はAH-4を使うってことで決まりです。

 

 

 

|

2022年5月29日 (日)

13TR-FT8で7041KHzを試してみる。

7074KHzでの運用も思っていたよりDXを楽しめるものの、のんびりと国内を楽しむため7041KHzを試験中。

ネットでの情報でラジオ少年 さんの水晶が使えるとのことで取り寄せてみた。7040kHzx1 7045KHzx4

受信してみるとウオーターフォールの1000から2500Hz付近が、黄色い霧がかかったような感じと1000Hzより下の耳が悪そう。

4本ある7045KHz水晶の順番を入れ替えたりしても、ほとんど変化なし。

ダメ元で写真の通り右から2番目を外して空いた端子間をジャンパーしてみたら、偶然なのか黄色い霧が消え1000Hzより下も耳が良くなったような?

RFワールド56号で作ったRFフィルタ・チェッカで測定しようと思ったが、このまま受信を試してみようと思う。

ダミーで送信を試しても別の受信機+PCでのデコードは問題無さそう。

全くの素人の試用なので真似はしない方がいいと思います。

13trft87041

 

|

2022年4月 6日 (水)

縮み塗装(マツダ NDロードスター)

ヤフオクに出品されているものを真似して塗装してみた。

Mazda 

銀色に残したいところをマスキング。

写真を撮って切り抜き文字のカッターで作った。

サイズを微調整するためカッターの刃をボールペンに替え何度かトライ。

湾曲した面でゆがみが出たのでマスキングテープで修正。

Mazda2

何度も重ね塗りしてヒートガンでまんべんなく高温加熱して縮みが出てきた。

温かいうちにマスキングを剥がす。

Mazda3

MAZDAのエンブレムを付けて完成。

はじめてにしては満足の出来。

オイルキャップは手抜きをしすぎてうまくいかなかった。

Mazdaeng

 

|

2022年1月20日 (木)

K3NG Keyer CWAを作ってみた。

K3NG Keyer CWA を作ってみた。

K3ngkeyer1

K3ngkeyer2

K3ngkeyer3

試作品を格安で頒布していただいた。Serial for Paddle(メモリーキーヤ登録ツール)

K3ng-keyer4

K3ng-keyyer4

 

|

2022年1月 9日 (日)

QP-7CにRFワールド56号のPLL基板を接続した。

QP-7C 7MHz送信機にRFワールド56号のPLL基板を接続し外部VFOにしてみた。

Qp7cextvfo

Qp7cextvfo2

|

2021年12月22日 (水)

RFワールド56号の頒布基板でフィルタチェッカを試す

D4Dトランシーバキットの後付けSSBフィルタを試す。

 

下の画面の「RFワールド頒布基板試用」又は「見る」をクリックしてください。

 

1つ目が7041KHz版、 2つ目が14074KHz版です。

思った通りでなく、確認して良かった。

 

 

 

 

 

 

|

2021年12月19日 (日)

RFワールド56号頒布基板で遊ぶ準備が出来てきた。

エッチングした基板の不具合も直り無事起動するようになった。

I2Cの配線の不具合だったがマイコン取り外してやり直した。

ただ、エッチング基板DSP UNITの無感度、無音が直らず2セット目の頒布基板を使用。

DSP ICの半田不良と思われるが、在庫が有るのでICの交換をする予定。銅箔面の手入れ不足かもしれない。

2_20211219180201

エッチングしたDSP基板が完成。

回路図と各端子電圧を確認したら3.3Vがつながっていないことが分かった。

頒布基板には裏側にジャンプ線が有った。

56号のDSP基板の写真も表面に配線がされていた。

ICの接続不良修正のため基板も作り直した。

早く気付けばよかった!

Dsp

グルーガンで不安定な部分を固定。

Photo_20211224170501

Photo_20211220123401

短波ラジオ(COUGAR113)で中波の文化放送を聞く。

Photo_20211224103901

|

«RFワールド56号 DSP UNITのAKC6955