2017年12月 6日 (水)

IC-7610用に外部KeyPadを作ってみた。

USBキーボードでも使えるが、デスクトップのスペース確保のために作ってみた。

Img_1069


Img_1070


|

2017年11月17日 (金)

COLLINS 618M-2Bとアンテナ

COLLINS 618M-2Bにアローラインのエアバンド用に加え、RadixのRAB-101Y+ローテーターAR-1002を用意した。


Img_0745

Img_0751_8


|

2017年9月15日 (金)

デジタルモードのFT8運用の為、電子申請で変更届けをした。

ネットの情報によると、到達の段階で運用可能だとか、地方の通信局によって対応が違うとか、曖昧だったので関東の総通に電話で確認した。

電波形式に変更ない、今回の届けの場合。

即運用可能で、2週間以内を目安に変更の届けを出して欲しいとのこと。

但し、審査の完了までは必ず見届ける必要がある。

免許状は、印刷されるので返送用の封筒を送れば受け取れる。

返送用の封筒を送らなければ受け取れないが、それでよければ送らなけても良いとのこと。

ということだったので、本日からFT8デビューします。

まったりしたJT65に比べるとトイレにいったり、飲み物を取りに行ったり出来そうにないので慣れるまで、せわしなさそう!

|

2017年6月28日 (水)

自動はんだ吸取器 good TP-100がやってきた。

はんだシュッ太郎から「自動はんだ吸取器 good TP-100」

ついに念願のTP-100がやってきた。

タクトSWも、スンナリ取れた!

Goot_tp1001_2

Goot_tp1002


|

2017年6月 9日 (金)

KEM-TRX-4B-CWの製作

久しぶりのKEMキットの製作

Kemtrx4bcw


完成

Kemtrx4bcw


シャーというノイズが気になるが、JRCのヘッドホンST-3を使用することで改善した。


やはり、ダイアルは大きい物が良いに決まっている。使いやすくなった。
後は、ケースに収めたい。

Kemtrx4b2

ケース(タカチ TS-2)に収めてみた。

Kemtrx4bcw3


Kemtrx4bcw4

|

2017年5月18日 (木)

JARLの資格別門標板が届いた。

JARLの資格別門標板が届いた。

Jarl


|

2017年2月19日 (日)

SEIKO 船舶用 沈黙の時計

以前から欲しかった時計を入手した。

秒針は、QUARTZですがコチコチ動かずに滑らかに進むタイプです。

どれだけの、時間と距離を移動したのかを考えるだけで、うっとり !

Seiko_2


|

2017年1月31日 (火)

UTC表示の電波時計

JT65を運用するようになって、UTC時間を表示する電波時計を探していたが、見つからずにいた。

ある方のブログにアナログ式の電波時計の針を9時間ずらして付けるという簡単な方法が書かれてあった。

早速、ヨドバシの通販で、1,200円位の電波時計を買って針をずらしてみた。

ケースを開ける際に勢い余ってバラバラになり、針も3本とも外れてしまったが、針を3時丁度の位置に取り付け、リセットボタンを押して小一時間程で電波によってUTCの時間表示になった。

**************************

針の付け直し
丸い透明な文字盤を保護する風防を細い精密ドライバー等で、こじれば取り外しが可能でケースを開ける必要が
無い事が分かりました。ただ、無理をすると傷が付きます。


Utc


|

2017年1月19日 (木)

IC-706に傾斜スタンドを付けてみた。

ダイソーのプラケースの角を切り出して作った。

706rc28_2


706_2


|

2017年1月15日 (日)

ICOM RS-BA1とRC-28でリモート、やっと設定出来た。

 手元でメインダイヤルを、操作出来るのは思っていたより便利。

 ただ、設定で手間取ってしまった。

** NTTの光ルーターPR-500KIの設定 **

 1、ポートの開放は、静的IPマスカレード設定で入力。
 2,IPフィルタの設定はIPv4パケットフィルタの設定で入力。

 ここまで、すんなり進んだ。

 3,問題はグローバルIPアドレスが使えずに、悩んだ。
   プロバイダーが「ぷらら」だったので、サポートに問い合わせたら、数分で解決。

 通常の接続は、IDが*****@plala.or.jpと入力するところ*****@2route.jp でログインしないといけなかった。やっと、外部からインターネット経由で使える環境がそろった。

 実は、ダイナミックDNSサービスの接続でも回り道だった。

 元々、NTTにダイナミックDNSサービスを使うための設定を聞くために電話、相手は月に2,000円くらいで受けられるサポートシステムを勧めた。しかし、設定を聞きたいだけだからといって遠慮したら、NTTのルーターは、ダイナミックDNSサービスに対応していませんと言われ玉砕。

 「ぷらら」のサポートはルーターの設定は要りませんって言うし、八方塞がり。

 このままでは、あきらめられず翌日も、NTTに電話。

 今度は機器の設定等を教えてくれる窓口を教えてもらったが、やはりルーターが対応していないとのこと。

 116へ電話して、対応しているウェブキャスターというルーターと交換できるか交渉してみたらとのこと。

 116では、私のルーターは対応していると電話の奥にいる人が言っているらしかった。

 その人に替わってもらえるか聞いたら、やはり対応していないという。そして本命のウェブキャスターは半年前にレンタルを終了したとのこと。

 途方に暮れた。

 とりあえず、設定が簡単そうなグローバルIPアドレスを使って、時間の合間を見て、ダイナミックDNSサービス使える知識を身につけるかと思ってる。

 しかしここまで、苦労して外出先(免許は、自宅より2時間ほどの第二シャック?で今、審査中)で、どれだけQRVするかな?と思うけど、こんな便利な機能が使えるのも、今の時代に生まれたお陰だと思う。
 
 でも、外出先からサーバーPCのリモートもしないと電源入れっぱなしで外出することになるし、何かの不具合で動かなくなることも十分考えられるし安定して使えるかが問題かな。宅内でリモートが普通の使い方かな。

 しかし、疲れたぁー。

 


|

«FT-817のスタンド その2